自宅でできる!ブランド品のメンテナンス

さて、前回保管状況が悪かったんで凹みまくりのりんりんさんですよ!

今回は自宅でできるブランド品のメンテナンス方法を調べたので、覚え書きで置いておきます!皆様の役に立ちます様に!!

 

型崩れはハンガーに掛けて

型崩れを起こしちゃったバッグはきっと酷い状態だと、ハンドルもくしゃくしゃになって、バッグ本体もヨレヨレになってるかと思います。

・・・言ってて悲しくなってきました。

 

まず、本体に型崩れがある場合は、バッグの中にバスタオルや着てないTシャツ等を詰めて中から押して割とパンパンにして、しっかり物を詰めた様な状態にします。

ハンドルが型崩れでくしゃくしゃになっている場合は、コート用のハンガーラックに吊るしてください。

詰め物が重石代わりになって、暫くしたら少しは戻っている筈です。

私もネヴァーフルでやれば良かった・・・もう1個モノグラムのバティニョールってバッグががあるので、今はそれを矯正しています!

 

 

カビは薄めた中性洗剤で拭き取る

 次に気になる所と言えばカビやヴィトンとかの金具によく出るのが、緑色の錆の様な物(緑青「ろくしょう」)が付着します。

これは人体には大きな影響はないらしいですが、触ると緑色が付着して、洗っても中々取れません。

酷くなるとボロボロと落ちてきますし、見た目にもあまりきれいな物じゃ無いですよね。

 

まずは頑固な緑青から。

緑青は酸に弱いので、ご家庭にある『お酢』を使いましょう!

お酢とお塩を混ぜた液で磨いてみて下さい。

不思議な位綺麗になりますよ!

この時に気を付けないといけないのは、お酢の臭いが残る事と、バッグの本体に付着しないか気を配る事です。

金具が細かかったら慎重に行って下さいね!

バッグが布地だったらお酢の臭いは中々落ちませんよ!

 

次にバッグの表面のカビですけど基本カビの湧くタイプはコーティングキャンバスや本革のバッグだと思います。

コーティング地だったら結構薄めた中性洗剤で拭き取ってみて下さい。

革製品だったら、乾拭き後に濡れタオルでさっと吹いて天日干しが効果的です!

 

後は消毒用のエタノールなんかも効果的です!

臭いも取れますし、靴なんかにも使えるので1本買っておいても良いかもしれませんね。

 

カビはとにかく清潔な場所が嫌いですから消毒して紫外線に当てましょう!

 

ベタつきや色移りの対処方法

これはもうここまでいくと末期状態なんで、残念ながら家で出来る事はありません・・・

 

ブランドのブティックに持って行ったら内部の張替えなどの対処もやって貰えますけど、なんとも高額な料金が発生します。

これから売ろうと思っているバッグだった場合、その分の経費を差っ引いて計算しないとなんで、マイナスになる可能性が高かったらそのままで持って行く方が賢明ですよね。

 

型崩れや緑青くらいだったらご家庭で対処できますので、是非行ってみて下さい!

主にこの間持って行って悲しくなったヴィトンをメインにした事ばっかり書いちゃいましたけど、少しでも参考になれば幸いです!

綺麗になったら評価も上がりますので、これさえ押さえておけば、いざ古いヴィトンを買取店に買取って貰う際も、査定額アップにつながりますよ!